各地商工会議所編『商工名鑑』の記載データに関する第一次全国的調査 ―都市の会社が認識する取引先金融機関とはどこか?―

代表者:経済学部・教授 佐藤 政則

本申請の目的は、主要な公共図書館が所蔵する各地商工会(会議所)編纂『商工名鑑』を対象に、それらの記載内容を調査することである。具体的には「従業員数」「資本金」「創業年」「取引先金融機関」が記載されているかどうかを悉皆調査することにより、活用可能な『商工名鑑』を特定し、本格的な地域金融市場分析の基礎的準備を成すことにある。
本申請は、こうした全国的調査の第一次であり、強力な地銀が存在しない、東京都多摩地区、愛知県、大阪府、兵庫県を対象にする。その上で余力があれば、強力な地銀が存在する中で信金、戦後新設地銀の成長がみられた、福岡県、岐阜県、富山県の『商工名鑑』を調査する。

◎佐藤 政則 経済学部・教授

[協]陳 玉雄 経済学部・准教授
[協]新井 大輔 名城大学経済学部・准教授