第3回高校剣道強化練成会
2007.3.2

「第3回高校剣道強化練成会」が2月25日(日)、本学第一体育館で開催されました。
今回は、千葉、茨城、埼玉、東京、神奈川から参加校10校135人(男子98人、女子37人)、さらに先生(監督)、父母など約180人が集まりました。
大学の課外活動の活性化、高校生同士の交流・親睦を深め合うことを目的として始まった練成会も3回目を迎え、常連校も増えてきました。この練成会の開催を、陰で支える本学剣道部のメンバーのなかに、練成会に参加したことがきっかけで本学に入学した学生もいます。
当日は、霜柱がたつ寒い朝でしたが、高校生剣士たちは、早朝から会場に集まり、試合前の稽古に励んでいました。
試合方法は、男女共団体戦で、5人制によるリーグ戦で行われました。
寒さを吹き飛ばす白熱した試合、練成会とは思えない真剣な剣士の姿に、応援にかけつけた見学者も思わず力が入ります。
一戦ごとに先生のもとに走り寄り、指導を仰ぎ、次の試合に活かすために、稽古に励んでいました。
監督の方々から「このような機会を作っていただけて、生徒たちも大変喜んでいる。ぜひ続けていただきたい」との声が寄せられました。

開会の挨拶

試合前のミーティング

稽古風景

男子団体試合

先生のアドバイスに真剣に耳を傾ける

参加校は次の通りです。
茨城県立境高校、埼玉県・私立武蔵越生高校、千葉県立我孫子高校、同・私立西武台千葉高校、同・私立拓殖大学紅陵高校、同・私立中央学院高校、同・私立流通経済大学付属柏高校、東京都・私立正則学園高校、同・私立東京成徳高校、神奈川県・私立桐光学園高校

仲間を見守るメンバーと応援の父母

これから戦いに挑む剣士たち

応援をしながら出番を待つ

女子団体試合