連勝中の国枝さん、フロリダオープンも制覇
2007.4.16

優勝メダルを手に笑顔の国枝選手

優勝メダルを手に笑顔の国枝選手

車いすテニス世界ランキング1位の国枝慎吾選手(麗澤大学職員)は4月4〜9日、アメリカで開催されたフロリダオープンに出場。決勝で斎田悟司選手を2−0のストレートで降し優勝しました。今年1月の全日本選抜、全豪オープンをも制し、連勝街道を驀進しています。

国枝選手は、4大タイトルの一つ全豪オープン戦を制して以来、この2カ月間サーブとレシーブの強化練習に取り組んできました。「どちらもゲームを支配する 根幹を成しています。スピードと狙ったコースへのレシーブの精度を高めるために徹底的に練習。大会で勝つことも大切でしたが、これまでの練習を確認するこ とも重要でした」と国枝選手。

準決勝では、強敵ミカエル・ジュレミアス選手(仏)を2−0、その勢いに乗って日本人同士の対決となった決勝も制しました。

国枝さんは「ライバルたちからのマークも厳しくなり、プレッシャーもあります。でも世界のトップになって、浮かれた気持ちはまったくありません」と語り、来月15日に福岡で行われる連覇のかかったジャパンオープンへ静かな闘志を燃やしていました。