1泊2日の体験入学に全国から118人
2007.8.3

麗澤大学恒例の「2007年1泊2日の体験入学」が8月1、2日、千葉、茨城、埼玉、東京、神奈川、群馬、栃木の関東近県だけでなく、秋田、新潟、長野、 福井、岐阜、島根、徳島なども含めて高校生118人が参加して行われました。当日は天候にも恵まれ高校生たちは、元気溌剌。教員やアドバイザーの学生とひ ざを交えた語らいに目を輝かせていました。
本学は、来年度の2008年度からは、現行の学部学科が改組。今回で20回目の節目の開催になった 体験入学の参加者も、新体制の下でのスタートになります。佐藤政則副学長の歓迎の挨拶で幕をあけた初日は、両学部が10月に実施するAO入試の説明、21 グループがキャンパスを隈なく巡るオリエンテーリング、夜は関心のある両学部の新しい学科の専攻・コースを詳しく理解するための「スクランブルコミュニ ケーション」がありました。
2日目は、ネイティブの教員を含めた2回にわたる模擬授業、英語サロンの「E-Lounge」体験、専門スタッフによる個別相談会があり、高校生たちは意欲的に各プログラムに挑んでいました。
短期間にすっかり意気投合した高校生とアドバイザーたち。昼食の後、アドバイザーたちが心を込めて書いたメッセージと写真で彩られた記念アルバムが、アド バイザーたちから高校生たち一人ひとりに手渡されると、高校生たちは大感激。メッセージを読んで思わず両手で顔を覆う人もいました。
「ありがとうございました」。明日の再会を信じて、高校生たちは、名残惜しそうに手を振って大学を去っていきました。「see you again!」

 

挨拶する佐藤副学長

入り口はこちらです!

皆さんようこそ!

「Tシャツです」

参加の生徒たち

アドバイザー紹介

AO入試を説明する山川准教授

同じく牧野教授

参加者全員で記念写真

2日間仲良くね

キャンパス見学から

スクランブルコミュニケーション(英語専攻)

同じく日本語専攻

同じく中国語専攻

同じくドイツ語専攻

同じく経済学部

中国語模擬授業の   孫教授

同じく国際交流の    西田助教

経済の清水准教授

経営の倍准教授

ドイツ語のシュッテレ  講師

受講の生徒たち

E-Loungeで

専門スタッフの相談会

成績に歓声

オリエンテーリングの 解答発表

メッセージを書き込む

記念アルバムを手に