岐阜・瑞浪で第5回麗澤大学ゴルフ部OB会
2007.9.7

第5回麗澤大学ゴルフ部OB会が8月19日、岐阜・瑞浪高原ゴルフ倶楽部で開催され、OB、会友44人が参加。暑さを乗り越え和気藹々とした雰囲気の中で 熱戦を繰り広げました。参加者は1期生から42期生まで幅広く、地元岐阜をはじめ、茨城、千葉、神奈川、東京、愛知、三重、大阪、広島などから一堂に集い ました。「期別を越えて交流できるのは、ゴルフ部ならではの素晴らしさだ」とご満悦の先輩OB。特筆は、ご夫婦で参加された方たちが、5組もいたことでし た。
本番に先立つ前夜祭は大いに盛り上がりました。「俺の参加の意義は、この前夜祭にある」という人もいて、久しぶりに再会し、近況を伝え合 うなど旧交を温めあったり、楽しく語り合う輪がいくつもできていました。千葉・柏にある本学のゴルフコースは、昔は紳士淑女のたしなみの一つとして正課に 取り入れられていたこともありました。当時、「大学広しといっても麗澤しかない」と週刊グラフ誌で紹介されたエピソードも先輩から披露され、「それだけ伝 統のある部なのだ」ということを後輩に話されていました。
期せずしてそのゴルフ部から遂に「プロゴルファーが誕生」したことが報告されまし た。このOB会にも参加した岩津賢典さん(42期)。8月初旬に開催された予選会(日本ゴルフツアー機構主催)で、参加120人中、通算2アンダー6位タ イの好成績。来シーズンの一部ツァーに出場できる資格を見事獲得したということでした。大きな拍手が送られていました。
当日は快晴。山岳で アップダウンが激しいと定評のあるコースで田中駿平顧問や平川種徳さん(1期生)はじめ参加者たちは、溌剌としてプレーに興じていました。終了後のパー ティーでは、田中顧問が大学学部学科の改組、校舎建て替えなどの報告と共に物心両面にわたる母校発展への協力要請がなされました。松本哲洋顧問からはゴル フ部の現状報告、また司会者から新ゴルフ部後援会長が平川種徳さんに決定したことなど報告され、成績発表と和やかな歓談で幕を閉じました。なお、特別賞が ご夫婦参加者の中から成績のよかった田中宏明・仁美ご夫妻に贈られました。
成績は以下のとおり(パー72、3位まで)。
① 吉村明博(17期)      (40、41=81、ネット70.20)
② 窪田哲弥(18期)      (45、41=86、ネット70.40)
③ 林崎恒哉(37期)      (46、42=88、ネット71.20)
ベストグロス
男子・岩津賢典さん(42期)   37、37=74
女子・大田美樹さん(26期)   46、50=96

 

まずは記念の写真

ミーティングから

ナイスショット

パーティー会場で

優勝の吉村さん(左)

男子・べスグロの岩津さん

女子・べスグロの大田さん

特別賞の田中ご夫妻