春期語学研修開催
2008.2.14

国際交流センター主催の春期語学研修に34名の学生達が参加します。これから約1ヶ月間、提携校での語学研修プログラムで語学力を磨くとともに異文化を肌で体験してくる予定です。 
先陣を切って2月9日に出発したのはクイーンズランド大学(オーストラリア)組。南半球で行なわれるこのプログラムは夏真っ盛り。更に滞在形態はホームステイのため、正に別世界に飛び込んでいく感じがするそうです。また、このプログラムの中ではTOEIC対策が人気で、効果てきめんと評判です。世界有数のリゾート地で過ごす1ヶ月は、ちょっとした旅行気分も味わえるとのこと。 
今年度は、クイーンズランド大学(オーストラリア)を含め、イェーナ・フリードリヒ・シラー大学(ドイツ)、韓国外国語大学校(韓国)、天津理工大学(中国)の4校で語学研修が行なわれます。中でも天津理工大学は今年度から始まった新しいプログラムです。 
また参加者の内訳は、第二外国語の語学研修に参加する学生が目立っています。多言語修得への道として留学プログラムを活用する学生が増えている「証し」と言えるでしょう。

真夏のオーストラリアへ出発!