平成20年度 麗澤大学入学式を挙行
2008.4.3

平成20年度麗澤大学入学式は4月2日、満開の桜の中で行われました。晴れて麗大生の仲間入りをしたのは、大学院46名(言語教育研究科25名、国際経済 研究科21名)、学部生733名(外国語学部368名、経済学部365名)、別科生61名、その他27名(特別聴講生15名、研究生12名)です。
軽音楽部の演奏に合わせて新入生や保護者の皆さんが入場し、式は午前10時に開会しました。中山理学長は告辞で、本学の理念である「知徳一体」に触れ、 「本学は学部を改組して、今日から新しいカリキュラムがスタートします。皆さんはその第1期生です。麗澤の新たな1ページを開くのは皆さん自身です」と新 入生を激励しました。続いて廣池幹堂理事長は「21世紀はこころの時代。学問・知識だけではなく、人間的にも立派になってほしい」と述べました。
この後、大学院を代表して言語教育研究科の鈴木未恵さん、学部を代表して経済学部経営学科の松澤沙織さん、別科を代表して李昇奉さんから力強い宣誓がありました。
今年は入学式に合わせたようにキャンパスの桜も満開で、初々しいスーツ姿の新入生達を歓迎しているようでした。桜並木や入学式の立看板をバックに記念写真 をとる姿があちこちで見られました。また、屋外では裏千家茶道部による「お花見お茶会」や在学生達による部・サークル活動への熱心な勧誘がある中を通っ て、新入生達はオリエンテーションなどそれぞれ次のプログラムへと向かいました。

 

<平成20年度入学式 学長告辞>

満開の桜に迎えられて

入学式の全景

真剣な表情の新入生

告辞を述べる中山学長

祝辞を述べる廣池理事長

別科新入生も出席

大学院新入生による宣誓

学部新入生による宣誓

別科新入生による宣誓

校歌斉唱

決意も新たに

来賓の皆様

看板を前にポーズ

特別聴講生

裏千家茶道部によるお花見お茶会

部・サークルへの熱心な勧誘

留学生の方もどうぞ

「きもの・お作法の会」の学生と