「1泊2日の体験入学」に全国から101人
2008.8.19

麗澤大学恒例の「2008年1泊2日の体験入学」が快晴の8月1、2日、全国から高校生101人が参加して行われました。高校生たちは、教員やアドバイザーの学生とひざを交えた語らいに目を輝かせ、充実感でいっぱい。参加者同士、来春の再会を誓い合っていました。
体験入学は今回で21回目。佐藤政則副学長の歓迎の挨拶で幕をあけた初日は、外国語、経済両学部の紹介やAO入試の説明、キャンパスをくまなく巡るオリエンテーリング、夜は両学部の教員や学生たちと語り合う「スクランブルコミュニケーション」などがありました。
2日目は、ネイティブを含めた教員による2回にわたる模擬授業、学生アドバイザーや教員、専門スタッフらによるテーマ別相談会があり、高校生たちは意欲的 に取り組んでいました。昼食の後に、班ごとにアドバイザーたちから高校生一人ひとりに、メッセージと写真で彩られた記念アルバムが手渡されました。一字一 字確かめるようにメッセージを読み、思わず両手で顔を覆う高校生もいました。「スクランブルコミュニケーションがよかった」「先輩たちがとても親切」。心 に刻んだ思い出は様々でしたが、麗澤大学へのモチベーションが一層高まったようです。