平成20年度 特別奨学生の表彰式が行われる
2008.9.17

「社会に貢献できる人になってほしい」

9月12日(金)に校舎1号棟第1会議室で、平成20年度麗澤大学特別奨学生の表彰式が行われました。この奨学金は、学部・学科ごとに学業成績・人物ともに優秀な学生に対して、その褒賞として授業料の2分の1相当額が贈られるものです。 
今年度は外国語学部5人、国際経済学部6人の計11人が選考され、中山 理 学長から学生一人ひとりに表彰状が手渡されました。中山学長は「これからも奨学生としての自覚を持って勉学に励み、さらなる向上を目指し、社会に貢献できる人になってほしい」とお祝いの言葉が述べられ、学生たちは真剣な表情でうなずいていました。 
学生の1人は「この奨学金の制度を知っていたので、頂けてすごくうれしいです。この奨学金を励みにより一層頑張りたいと思います。ありがとうございます。」とにこやかに話していました。 
最後に、中山学長、佐藤副学長や両学部長らと一緒に記念写真を撮り、表彰式が終了しました。 
今回、表彰された特別奨学生は以下の通りです。 
<外国語学部> 
下山 佳輝(英語学科4年)、宗像 俊輔(英語学科3年)、菊池 由美子(ドイツ語学科4年)、奥山 直子(中国語学科3年)、今井 覚 (日本語学科4年) 
<国際経済学部> 
川村 康人(国際経済学科4年)、山﨑 司 (国際経済学科3年)、朴 貴女(国際経営学科4年)、衛藤 久枝(国際経営学科3年)、髙橋 智志(国際産業情報学科4年)、鈴木 雅文 (国際産業情報学科3年)