ROCKの学習コーディネートで三潴教授が講演
2008.11.28

麗澤オープンカレッジ(ROCK)の学習コーディネートとして、平成20年11月27日に、本学外国語学部の三潴正道教授が、「日中異文化理解~こんな に違う考え方」と題して講演しました。これは、千葉県生涯大学校東葛飾学園 柏南交友会からの委託を受け、学習コーディネートとして開催したもの。

三潴教授は長年、時事中国語、現代中国事情、日中異文化コミュニケーションを研究し、多くの中国進出企業からの講演依頼があり、中国情報サイトでは毎週、 時事コラムを執筆しています。こうした豊富な経験に基づく講演に、約80名の参加者は最後まで熱心に耳を傾けていました。

三潴教授 は、文化とは1つの銀河系で、1つの文化も多様な異文化の集合体であると述べました。日本でも中国でも「8」という数字を重んじる文化がありますが、その 理由は全く異なるなど、歴史的に受け継がれたまったく違った文化もあるということを十分理解して、共存から共生へと転換していく必要があると強調しまし た。

中盤では、中国人は宴会好きで、「中国宴会マナー10のポイント」として、中国ならではのマナーとその背景の説明があり、その意外さに会場はどっと笑い声に包まれ、楽しい会話も織り交ぜた先生の話術に引き込まれていました。

最後に、企業としての中国との付き合い方は中国人の気質(実利主義と結果主義)をよく理解し、文化として形成された価値観や観点の違いをよく理解し合っていく必要があることを示しました。

参加者からは、「あっという間の2時間だった」、「たくさんの新しい発見があった」、「日中の異文化を理解できた」などの声がよせられました。

ROCKでは、今後も皆様の勉強会などへの講師派遣やご要望に応じたオリジナルの講座をコーディネートいたします。同好の士の学習プランや企業・団体等の研修などお気軽にご相談ください。

講演する三潴教授

熱心な参加者

楽しい講演会に笑みも