2009年度 日本の雇用形態の多様化に関する研究調査

プロジェクト内容

変革模索の中で、どのような雇用条件・環境が作られているかを、企業の経営者および人事担当者にインタビューし、さらにどこよりも早くから高齢者雇用を促進してきた企業の高齢者雇用の現状を踏まえることによって、これからの日本の企業の雇用環境の方向性をみる。それらのデータベース作成を行い、より良い雇用環境を探るものである。

プロジェクトメンバー

◎成相 修    経済学部・教授
 佐藤 純子   経済社会総合研究センター・特別研究員