新馬「麗峰」が仲間入り!
2009.7.3

馬術部にこの4月、新馬「麗峰(れいほう)」が加わりました。これまで12年間も活躍してくれた麗翔が老齢となり出厩したのに伴い、馬術部が日頃から技術指導して頂いている乗馬クラブ「中島トニアシュタール」から寄贈して頂きました。 
「麗峰」は、平成14年5月10日生まれの7歳。北海道静内町産サラブレッドのセン馬(去勢した牡馬)で、毛色は鹿毛(茶色)です。新馬の命名に当たり馬術部員が馬を見ての直感的印象から①麗峰②麗羅③麗鳳の3候補名を挙げ、廣池理事長に選んで頂き、「麗峰」に決定しました。 
これまでの「麗輝」(サラブレッド、セン馬、10歳)に加えて「麗峰」の入厩に部員たちは大喜び。厩舎の掃除や麗峰の体を拭いてあげたり、飼い葉を与えたり、世話にも力がこもります。 
大竹円・部長(経済学科2年)は「繊細で、気難しいタイプの麗輝に比べて、麗峰はおとなしくて、素直な馬です。指示を間違えると間違えた通りに従うのでそれだけに良いところも悪いところもみんな出してしまう。乗り手がしっかりしていないとだめ。初心者の練習にはとてもいい馬です」と、話していました。「麗峰」のこれからの活躍が楽しみです。

おとなしくて素直な「麗峰」

毛並みが綺麗です

馬術部のみなさん