第2回北京同窓会が開催されました
2009.8.25

第2回麗澤大学北京同窓会が8月15日(土)、「北京欧可啤酒」で行われました。幹事は、前回に引続き言語教育研究科OBの曲冬冬さん。大学院・外国語学部・国際経済学部・別科日本語研修課程の卒業生・修了生とそのご家族、大学関係者ら24名が出席しました。

最初に佐藤政則副学長から挨拶があり、会場は多くの笑い声や拍手に包まれました。初めて参加する佐藤真紀さん、孙典さん、張静秋さん、麗澤大学でご縁が生まれその後結婚した汪遠・鹿璐、傅亮・謝鸝の二組のご夫妻、走り回るお子様たち、多彩な出席者によって終始家族的な雰囲気でした。在学時にお世話になった先生方や先輩たちとの思い出、麗陵祭での餃子作り、勉強やアルバイトの苦労、たくさんのお話が出ました。それらを語る皆さんの顔には誇らしさと喜びが溢れていました。

前日に腰を痛めたマジシャンの樊多林さんがコルセットを装着し、ロボットのようにゆっくりと来場すると、「樊さんだぁ」の歓声と拍手が湧きました。遅れて駆けつけた卒業生が同じように歓声と拍手を浴び、仲間が増えるたびに乾杯・乾杯・・・と、会場は大いに盛り上がりました。傅亮さんが持参した50年物のお酒「茅台」は実に豊潤な味で、思い出話に花を添えてくれました。極めつけは徐哲さんの結婚発表で、会場は最高潮に達しました。

外国語学部OGの藤田素子さんによる閉会の挨拶でフィナーレを迎えましたが、参加者の皆さんは名残を惜しむように歓談が続いていました。

笑顔あふれる参加者

笑顔あふれる参加者

熱心に話しをする佐藤副学長とOB

熱心に話しをする佐藤副学長とOB

和やかでアットホームな同窓会

和やかでアットホームな同窓会