【重要】新型インフルエンザ感染拡大に伴う注意喚起
2009.9.1

表題については、夏期休暇期間に入るまでにホームページや掲示等で注意喚起に努めてまいりましたが、マスコミ報道等でもご承知のとおり、夏期休暇期間中も感染の拡大が全国的に続いており、新学期以降の急激な感染拡大が懸念されております。本学においても感染者が確認され、一部の行事を中止する等、その影響が徐々に広がっております。

ついては、新学期を迎えるにあたっては、以下の点に留意いただき、感染の拡大防止にご協力いただきますようお願い申し上げます。

1.留意事項

(1)普段からの対応
手洗いやうがいの励行、人混みでのマスクの着用、咳エチケットの励行など、自己管理を十分に行ってください。

(2)発熱等感染の疑いの症状が出た場合の対応
①発熱、咽頭痛、咳等の症状がある場合は、医療機関に事前に電話で連絡をして受診し、インフルエンザでないことを確認して登校してください。受診・登校にあたっては、マスクを着用するなど感染拡大防止に努めてください。
②インフルエンザと診断(疑いを含む)された場合は、医療機関の指示に従ってください。その際、電話で学生課・健康支援センターまで連絡し、登校せずに自宅で療養してください。
③回復後は、医療機関で治癒証明書を発行してもらい、学生課へ連絡の上登校してください。

(3)家族(同居者)に感染者が出た場合は、学生課に連絡し、インフルエンザ様症状がないことを確認して登校してください。また、自身の体温測定、咳などの症状に注意し、発熱等の症状を呈した場合は、(2)-①の対応に従い、早めに医療機関で受診してください

現在、都道府県保健部局等の対応方針により、インフルエンザA型罹患者の一部(集団感染者以外)について、新型か否かの検査が実施されておりませんので、インフルエンザA型の診断結果が出された場合は、新型インフルエンザへの感染を疑う必要があります。

2.本学の対応方針について

(1)都道府県保健部局等から要請があった場合は、学内に患者が発生していなくとも、臨時休業の措置を講じる場合があります。

(2)学内の感染状況によっては、学内行事の延期や中止、課外活動の休止等の措置を講じる場合があります。

(3)臨時休業(休校)等の特別措置を講じる場合は、ホームページ・学生用Webシステム掲示板・学内掲示(紙面)・メールにて周知いたします。

■新型インフルエンザが疑われた場合の連絡先・相談先
学務部学生課 04-7173-3651/3654
健康支援センター 04-7173-3541