日本の活力を高める21世紀型の雇用形態とは?-公開研究会を開催します!
2009.10.10

経済社会総合研究センターで昨年度から進めている、日本の雇用問題に関するプロジェクトの公開研究会を開催いたします。特に高齢者の雇用について焦点を当 てて研究を続けて参りました。今回は外部から講師を招いて、実際の取り組みを伺います。多くの方にご参加いただきたいところですが先着100名となってお ります。

日 時:11月1日(日)9:00~12:45
場 所:麗澤大学生涯教育プラザ プラザホール
対 象:企業関係者・教職員学生・一般
参加費:無料
定 員:100名 (先着)
申込方法:E-mailまたはFAXにて、11月1日経済社会総合研究センター公開研究会希望、住所、氏名、電話番号を記載の上お申し込みください。 電話での申込は不可とさせていただきます。参加の可否については参加証の発送をもって代えさせていただきます。

[問い合わせ・申込先]麗澤大学研究支援担当
TEL:04-7173-3761 FAX:04-7173-3767
Email:RR-Center@reitaku-u.ac.jp

《スケジュール》
9:00  開会挨拶 成相 修 教授 (プロジェクト代表者)

9:06~9:25 
【テーマ】少子高齢化社会の雇用形態とこれからの経営
― 熟練者の活力活用と従業員の活力を引き出す雇用形態 ―
報告者:佐藤 純子(経済社会総合研究センター特別研究員)

9:25~9:55
【テーマ】高齢労働力活用への発想~「土日はわしらのウィークデー」~
※いち早く高齢労働力に着目!老若いきいき企業!
講演者:加藤 景司氏 (株式会社加藤製作所社長)

10:00~11:30 
【テーマ】21世紀型の雇用形態革命
※テレビ『カンブリア宮殿』6月に2週出演の注目企業! ノルマなし、高額ボーナス支給、内部留保なし、管理職なし、銀行からお金は借りない! 情報共有! 社員全員が経営者意識!社内の無駄を省き、ストレスのない活動的な楽しい企業へ!
講演者:平本 清氏(株式会社21創業者、眼鏡経営塾塾長)

11:45~12:40
【テーマ】アルゼンチンで大規模農業への発想~地方の休耕田と高齢者のスキルの活用 食糧危機に向けての地球の土地活用~
※中津川市の「ちこり村」では近隣の高齢者が、アルゼンチンでは日系人が、地球規模で生き生きの企業!
講演者:中田 智洋氏(株式会社 サラダコスモ社長)

12:40~12:45 閉会挨拶