【開催案内】海外からの看護師・介護福祉士候補者受け入れと日本語教育についての講演会
2009.12.10

平成20年に発効した日・インドネシア経済連携協定に基づき、平成20年度よりインドネシア人看護師・介護福祉士候補者、平成20年12月に発効した日・ フィリピン経済連携協定に基づき、平成21年度よりフィリピン人看護師・介護福祉士候補者の受入れが始まっています。来日後病院や施設で働きながら研修 し、看護師候補は3年以内、介護福祉士候補は4年以内に日本の国家試験に受かれば引き続き在留、就労ができます。研修期間でも日本語を使う必要があり、日 本の国家試験に受かるためには一層高度な日本語の能力が要求されます。外国人看護師・介護福祉士候補者に対する日本語教育の現状についてお話しいただきま す。

講師:布尾 勝一郎氏
(AOTS日本語教育センター日本語教育専門職員)
小柴 基弘氏
(AOTS日本語教育センター グループ長)
※AOTS (財団法人海外技術者研修協会 The Association for Overseas Technical Scholarship、略称AOTS:エーオーティーエス)

日 時:2009年12月14日(月)14:50 - 16:20
場 所:麗澤大学生涯教育プラザ プラザホール
参加費:無料

【申込み方法】FAX、またはE-mailに住所、氏名、電話番号、
12月14日公開講演会申込と記載の上、以下にお申込みください。お電話での申込受付はしておりません。

【申込先】麗澤大学研究支援担当 
FAX:04-7173-3767
Email:RR-Center@reitaku-u.ac.jp