リーダーセミナーPartⅡ 開催
2009.12.10

平成21年度の学友会本部、委員会、部、同好会のリーダーおよび寮長を対象としたセミナーが12月5日(土)午後、キャンパス内で行われました。 
今年の春、まだ雪の積もる季節に群馬県の谷川セミナーハウスで3日間かけて開催されたリーダーセミナーPartⅠ「課外活動を活性化するためにリーダーは何をすべきか」の話し合いから約10ヶ月。今回のセミナーでは「リーダーとして学んだこと・次期リーダーに引き継ぐこと」をテーマに、リーダーとしての責任を果たす中で感じたことや経験したことをグループに分かれて話し合い、同じ悩みを共感し、新しい気付きを得ながら各々の活動を振り返りました。 
半日のセミナーでしたが「自分も他のリーダーも春より成長していた」「リーダーとしてだけではなく人間として大きくなった」という感想が多く寄せられ、中には「リーダーとはどういうものなのか、リーダーとしてどうやっていくかを考え、独学でリーダーシップに関する本を読んだりしてきたが、今回のセミナーで実際にリーダーを経験した人がたくさん集まって生の声を聞くことができて、とても勉強になった。」という感想を寄せるリーダーもいました。 
最後に、井出学長補佐より “有終”という言葉についての講話があり、「もうすぐリーダーとしての役割が終わるが、これが終わりではなく、この終わりがあって次に進むことができると学び、前回のリーダーセミナーよりも濃いものとなった」「リーダーセミナーが2度あることに意味があると感じた」という気付きを得たリーダーも多くいました。 
これまでの経験はもちろん、今回のセミナーで感じた熱い思いを次期リーダーにしっかりと引き継ぎ、来年度も課外活動・寮生活が有意義で活発なものになることを願っています。

自身の体験・仲間の経験に耳を傾け意見交換

グループ発表準備

グループ発表“リーダーとして”そして“後輩へ”

活動を振り返りながら発表を聞くリーダーたち

会の最後は食事を囲み和やかに語り合いました