NPO法人日本療馬推進会議とホースセラピー実施に関わる協定を締結
2009.12.10

11月25日、本学は特定非営利活動法人 日本療馬推進会議(理事長:茂木康三郎氏)と、ホースセラピー実施に関わる協定書を締結することとなり、調印式を執り行いました。
「ホースセラピー」とは、心身に疾病及び障害を有する人々に対して、乗馬活動を通して機能向上の機会を提供するものです。
本学馬術部は、これまで日本療馬推進会議の実施するホースセラピーにボランティアとして協力してきました。そして、日本療馬推進会議から本学で飼育する馬を利用してのホースセラピーが実施できないか、との打診があり、実現に至りました。
これまでに参加した学生たちは、この活動に感銘を受け、活動を通して人間的にも大きく成長することができました。
早速12月から実際のセラピーが馬場を中心に展開されることとなります。
ホースセラピー活動が社会的に重要な役割を果たすばかりではなく、学生の人間的成長に資することも期待されています。

中山学長(左)と茂木理事長

ホースセラピーボランティア募集のチラシ

馬術部のみなさん