約80名が世界に旅立つ
2010.2.25

世界各地の提携先大学での長期留学(半年・1年)プログラムと国際交流センター主催の春期語学研修プログラムが始まりました。1月30日の経済学部長期留学プログラム・オーストラリアン・カソリック大学留学組の出発を皮切りに、総勢約80名の学生が世界各地に旅立ちます。留学先の大学は以下の通りです。

◆フットヒル大学(アメリカ)
◆セント・マーチンズ大学(アメリカ)
◆リーズ大学(イギリス)
◆イェーナ・フリードリヒ・シラー大学(ドイツ)
◆オーストラリアン・カソリック大学(オーストラリア)
◆クィーンズランド大学(オーストラリア)
◆淡江大学(台湾)
◆国立屏東商業技術学院(台湾)
◆天津理工大学(中国)
◆韓国外国語大学校(韓国) 
◆又石大学校(韓国) 
◆アリカンテ大学(スペイン)

グローバル・リテラシーを備えた国際的教養人の育成を目指す本学で、学生のニーズに応えた多様な海外留学プログラムを通じて語学力を磨くとともに異文化を肌で体験してくる予定です。この貴重な経験は、それぞれの人生にとってかけがえのない大きな心の財産となるでしょう。現地で切磋琢磨し、どれだけ成長してくれるか大いに楽しみです。

クィーンズランド大学(オーストラリア)出発