野外昼食会に約4000人
2010.5.12

廣池学園恒例の第21回野外昼食会が5月12日、雲間から青空がのぞく新緑の中央広場で行われました。麗澤幼稚園児、麗澤中・高校生、麗大生、教職員らが一堂に集い、新入生の歓迎とともに相互の交流を図る一大イベントで、約4000人が参加。バラエティーに富んだ料理に舌鼓を打ちながら歓談し、楽しいひと時を過ごしました。
園児たちの国歌斉唱、麗澤中・高校吹奏楽部による校歌・寮歌「暁鐘」斉唱、廣池幹堂理事長の挨拶があり、麗澤海外開発協会の新副会長になった竹原茂・外国語学部教授の「いただきます!」で昼食会がスタートしました。会場に張られたテントでは、真っ白な帽子、エプロン姿の廣池理事長はじめ教職員が総出で額に汗しながら、サービスに当たりました。

盛りだくさんのメニュー。豚肉の生姜焼き、鶏肉の唐揚、カレーライス、わんこうどん、焼きそば、牛肉コロッケ、サラダ、ピラフ、アメリカンドッグ、寿司(稲荷・太巻き)、またデザートとしてシューアイス、バナナなどの果物や飲料も用意され約20種類に上りました。
「おいしい」「次は何にする?」。芝生の上にマットを敷いたり、ベンチに腰掛けて食べる女子高生、アメリカンドッグをほおばりながら楽しく語り合う日本人学生と留学生、ネイティブの先生の姿もありました。広場はさながら、温もりのある「麗澤大家族」の様相でした。