第1回 高校生対抗 企業経営チャレンジ21の開催
2010.8.23

2010年8月17日(火)・18日(水)、麗澤大学では初の試みである高校生対象のビジネス・ゲーム大会「第1回 高校生対抗 企業経営チャレンジ21」を開催しました。本大会には47名の事前申し込みがあり、遠くは沖縄県の高等学校からも参加がありました。この「企業経営チャレンジ21」は、本学の授業で行われている「ビジネス・ゲーム」を高校生にも理解しやすいよう改編したもので、その趣旨に賛同して下さった新日本有限責任監査法人、全日本空輸、大成建設、宝印刷、日本ハム、ブリヂストン、三井住友海上火災保険、三菱地所の8つの企業・法人より後援をいただき開催されたものです。

初日

初日は、Hi-Fi CAMPの「仰げば尊し」というテーマ曲に載せたオープニング映像の後、中山学長から猛暑の中で参加してくれたことに対する感謝、本学での学びの一端を提供できることの歓び、そしてこの教育イベントを通じて多くを学んでもらいたいとの期待が、語られました。

開会挨拶する中山学長

開会挨拶する中山学長

中山学長

中山学長

集合写真

集合写真

続いて、総指揮を務めた髙経済学部長から、次の3点に関しビジネス・ゲームのオリエンテーションが行われました。
(1)ビジネス・ゲームの進め方(ルール説明)
(2)会計帳簿への記帳と決算書類の作成方法
(3)決算書類の見方
ビジネス・ゲームでは5,6人でマーケットを囲み、ヒト・モノ・カネを用いながら、自身が経営する会社を成長させていき、他の会社と競っていきます。1会計年度で利益をどれくらいあげることができたか、決算書類(原価計算、損益計算書、貸借対照表など)を迅速にしかも正確に作成できたかを競っていきます。
オリエンテーションは、午前10時に始まり午後3時まで長時間にわたりましたが、参加した高校生は、電卓を片手に、熱心に鉛筆を走らせ、書類の作成に集中しました。

髙学部長による説明

髙学部長による説明

会場の様子

会場の様子

指導する学生スタッフ(黄色いTシャツ

指導する学生スタッフ(黄色いTシャツ

 

 

オリエンテーションを受けた後、ゲーム会場に移り、第1回目の模擬ゲームが行われました。ゲームでは、サイコロの目に応じた取引内容が記載された「意思決定表」に基づき、参加者自身で意思決定をしていきます。このため、期待通りにサイコロの目が出て喚起の声をあげる人、反対に思う通りの目が出ず、悔しがる人がいました。午後3時までのオリエンテーションでの静寂さから一転し、初日模擬ゲームは、大いに盛り上がりました。

2日目

2日目は、午前中に2回目の模擬ゲームを行い、午後、本番のゲームを実施しました。本番では表彰がかかっていることもあり、模擬ゲーム以上に白熱し、2日間で最大の盛り上がりを見せました。
決算処理では、参加者は模擬ゲーム以上に真剣な眼差しで書類の作成に取り組んでおり、電卓を叩く音が会場に響きわたりました。参加者は、全員、決算処理が終了した順に、書類が正しく作成されているか、チェックを受けました。処理が早く終わった参加者は、顔一面に笑みを浮かべ、よろこんでいましたが、逆にゲーム本番で計算処理を誤り、順位を落してしまった参加者もいました。まさに悲喜交々でした。

表彰

ゲームの表彰は、個人の成績で競う財務報告の部(決算書類の作成順)、同じく個人の成績で争う企業業績の部(当期純利益の高い順)、そしてチームの成績で競う経営総合の部の3つの部門で行われました。

髙学部長による総括

髙学部長による総括

ゲームの表彰後に、総括として髙学部長から参加者に向け、高校生活の日常から飛び出し、この企業経営チャレンジ21に挑戦したことを称え、ゲームに挑戦したことによって今までの自分とは違う新たな自分を発見したこと、戦いを通して友達の輪を広げることができたこと、企業経営の仮想体験がこれからの人生に少なからざる影響を与えること、そしてビジネスを前向きに捉える姿勢ができたこと、そして最後までやり抜いた参加者の行動力を讃える言葉がありました。

この2日間を通して、参加者は、まず企業財務に関する知識を身に付けることができました。さらに、短い期間ながら高校生間はもとより、大学生(学生スタッフ)と高校生の間にも温かい友情が生まれました。閉会時には、2日間の参加者の成長の様子を撮った映像が流され、参加者自身はもちろん、学生スタッフもこれに感動し、中には目に涙を浮かべる者までいました。
以上より、主催者である麗澤大学は「高校生に企業経営の醍醐味と社会的意義を体験させること」を狙いとした今回の教育イベントが大成功であったと考えています。また大学としても、大きな社会貢献になったと自負しています。来年の第2回企業経営チャレンジ21は、今回の成功に満足することなく、さらに充実したものへと高めていきたく思います。より多くの高校生がチャレンジしてくれることを、今から期待しています。

最後は花道を作って・・・

最後は花道を作って・・・

お疲れさまでした!

お疲れさまでした!

思わず抱き合う参加者も

思わず抱き合う参加者も

学生スタッフの皆さん、お疲れ様でした

学生スタッフの皆さん、お疲れ様でした

結果

財務報告の部

最優秀賞 県立・沖縄工業高等学校(沖縄)
優秀賞 私立・柏日体高等学校(千葉)
奨励賞 国立・東京工業高等専門学校(東京)

企業業績の部

最優秀賞 都立・桜町高等学校(東京)
優秀賞 私立・明徳義塾高等学校(高知)
奨励賞 私立・東京学館船橋高等学校(千葉)

経営総合の部

最優秀賞 国立・東京工業高等専門学校(東京)
優秀賞 私立・明治大学付属中野八王子高等学校(東京)
奨励賞 私立・柏日体高等学校(千葉)