快晴の中、新校舎「あすなろ」竣工式
2010.12.22

麗澤大学新校舎「あすなろ」の竣工式が12月21日、快晴の中厳かに行われました。竣工式で廣池幹堂理事長は「創立者の理念、自然との共生を生かした新校舎は、21世紀の麗澤教育を象徴する建物です。感激しています」と、熱い思いを披瀝しました。

式は午前10時半から始まり、最初に校舎玄関前で関係者によるテープカット。大学教職員、工事関係者らが見守る中で廣池理事長をはじめ中山理学長、櫻井良樹外国語学部長、高巌経済学部長、西本瑠依学友会会長の5人が、テープにはさみを入れました。

5階2508教室に移り、同教室で竣工式が行われました。祭主の進行に従い、修祓のあと祝詞が述べられ、神前に玉串がささげられました。最後に全員でお神酒をいただいて式は滞りなく終わりました。

続いて廣池理事長は、岡田新一設計事務所や清水建設株式会社の方たちに謝辞を述べられました。「従来の生涯教育ゾーンと道を隔てた学校教育ゾーンの共通のシンボルがブリッジで結ばれ、学園全体が目に見える形で創立者の理念を具現化できました。4月から心新たに施設を立派に活用していきたい」と述べ、岡田新一設計事務所、清水建設株式会社それぞれの労をねぎらい、感謝状を贈呈しました。また両社からは廣池理事長に記念品が贈られました。この後、交差点側玄関口で記念植樹。廣池理事長、中山学長、新校舎を『あすなろ』と命名した経営学科3年、根本祐樹君の3人が、今日より明日、明日より明後日と学生の成長を祈念して記念樹『あすなろ』を植えました。

昭和35年に建設された校舎2号棟が老朽化、昨年、麗澤大学開学50周年を迎えたのを機に建て替えを計画。平成21年10月1日に起工式を行い、無事完成にこぎつけました。

新校舎全景

新校舎全景

テープカット

テープカット


祭主の祝詞

祭主の祝詞

玉串をささげる

玉串をささげる


挨拶する廣池理事長

挨拶する廣池理事長

岡田新一会長に感謝状

岡田新一会長に感謝状

星井進専務に感謝状

星井進専務に感謝状

記念植樹

記念植樹

見学する関係者

見学する関係者

新校舎をバックに

新校舎をバックに

ブリッジと新校舎

ブリッジと新校舎

ブリッジを渡る

ブリッジを渡る