2011年度 メコン流域開発と日本からの経済協力

プロジェクト内容

チベット高原を源流にミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、そしてベトナムを流れる全長4,800キロ、メコン川の約195万平方キロに及ぶ流域の開発に注目が集まっている。日本政府主催のメコン5カ国との第1回首脳会議(2009.11)では日本政府は今後3年間で5,000億円の政府開発援助を供与し、当該流域においての社会経済インフラ整備を支援する方針を表明した。約2.2億人の人口規模、天然資源、合計GDP約3,900億ドルの低開発の状況、各国の異なる経済発展レベル等を吟味すれば、今後メコン流域の5カ国は高度成長を遂げていく潜在力が高い。東南アジア地域における経済統合、東アジア共同体の形成、中国のさらなる経済発展といった国際経済環境の中で、日本政府の支援が進めば、当該地域への投資環境の改善により、各国の国際経済との統合がより深化し、結果と持続的な経済発展がもたらされることが期待できる。そうした背景を鑑み、本プロジェクトはメコン領域における投資と貿易の実態を調査し、その成果を、東アジア地域における生産ネットワークとのリンケージを視点に、関係国の産業構造の転換と高度化に政策の方向性を明らかにすることを目的とする。

プロジェクトメンバー

◎ラウ・シン・イー 経済学部・教授
  Tan Kim Song   Singapore Management University・准教授
  Mohamad Arip Affendy University of Sarawak Malasia・講師