気仙沼高校と気仙沼市の避難所に衣類を支援
2011.6.27

 被災地である気仙沼高校と気仙沼市の避難所3ヶ所に向けて、新品Tシャツ1,795枚および子供服の物資支援を行うため、学生2名と職員2名が6月25日(土)の午前9時過ぎに本学を出発いたしました。

 今回の支援は、柏市が実施している気仙沼市への1週間滞在型の派遣ボランティアに参加した藤木理子さん(中国語・中国文化専攻1年)が、滞在中に避難されている方々や現地スタッフに夏物衣類や子供用の衣類がなくて困っていることを聞いたのがきっかけです。

 Florida Wind社からボランティアサークル“Refree”がお預かりしている被災地支援物資の新品Tシャツをお持ちすることになりました。また、近隣の小学校や日頃からご理解いただいている方々、麗澤幼稚園のご父母などのご協力をいただき、子供用の衣類をたくさん収集いたしましたので、こちらも避難所の子供たちにお届けする予定です。

 ボランティアサークルRefreeおよび東日本大震災支援学生団体は今後も同様の衣類支援と同時に被災地への継続的な支援を行っていく予定です。