外国語学部海外留学奨学金授与式を開催
2011.7.11


7月7日(木)12時15分より、校舎かえで2階第一会議室において外国語学部海外留学奨学金授与式を開催しました。今年度から、留学費用が高い英語圏へ留学をする学生のために、英語圏授業料補助奨学金という新しい制度もスタートし、より留学にチャレンジしやすい体制が整いました。

今回、授与式に参加したのは、約30名。提携校との協定により留学先の授業料が免除になる学生、麗澤大学海外留学奨学生、麗大麗澤会海外留学奨学生、英語圏授業料補助奨学生と日本学生支援機構留学交流支援制度に決定している学生たちです。

授与式には、櫻井良樹外国語学部長、滝浦真人教務主任、渡邉信教務主任、楠田正義麗大麗澤会会長、田島正幸麗大麗澤会事務局長(学務部副部長)が参加。

楠田正義会長、櫻井学部長より代表者に決定通知が授与された後、学生たちに励ましの言葉が送られました。

楠田会長は、元外交官。ご自分の長い海外生活の経験から、「海外に行くと、その国の方から日本の国について聞かれることが多々あります。ぜひ、ご自分の国のことを伝えられるようになっていただきたい」、櫻井学部長からは、「語学を伸ばすことはもちろん、自分がやりたいことをやってきてほしい」渡邉信教務主任からは、「海外での生活に慣れるまでには、いろんな苦労があるでしょう。そのことを日記に書いてはいかがでしょう。また、学生時代に留学をしようと思っても金銭的な制約などで実現できない人も多い。貴重な経験を与えていただいたことに関して、両親や周りの人に感謝を忘れないでほしい」と述べられました。

学生たちは、その言葉に熱心に耳を傾けていました。彼らが留学経験を糧により成長し、無事に帰国してくれることを祈ります。

なお、留学する学生たちは、留学中や帰国後にレポートを提出します。留学中のレポートは、http://www2.reitaku-u.ac.jp/koho/gp/information/report/index.htmlから見ることができます。

麗大麗澤会楠田会長から授与

櫻井学部長から授与