平成23年度 課外活動懇談会開催
2011.7.12

 例年開催している課外活動懇談会も今年度で11回目を迎えました。今年度も、日頃熱心にご指導を頂いている、監督・コーチの方々への感謝の気持ちをお伝えすると同時に、学生と監督・コーチ・顧問、その他大学関係者との意見交換の場として、約70名が一堂に会し盛大に開催されました。

 はじめに中山理学長より、監督・コーチの皆さまへ、日頃のご指導に対して感謝が述べられ、続いて、リーダーとは何かを考える「リーダーセミナー」や意見交換の場である「懇談会」を実施するなど、本学ではリーダー育成と課外活動の活性化を重視しており、この体制は今後も大事にしていきたいとの力強い挨拶がなされました。
 その後、学友会テニス部の顧問である、下田健人教授よりユーモアを交えつつも、今後の課外活動団体の躍進を祈る、力強い乾杯の発声を頂き、懇談会がスタートしました。

 懇談会は顧問やコーチを囲み、普段集うことの少ない他団体のリーダーとの交流を深めながら和やかに会が進みました。また、監督・コーチ紹介やこの1年で実績を残した団体のリーダーから活動報告があり、各団体のリーダーたちによい刺激となりました。

 途中、監督・コーチを代表して、学友会サッカー部監督の吉原啓氏より、課外活動は今後の人生に必ず役に立つ事が学べる場であるので、是非しっかり取り組んで欲しい。との挨拶を頂きました。

 また、学友会会長の松尾高治さん(4年経済学科)、麗陵祭実行委員会委員長の高橋正樹さん(3年国際交流・国際協力専攻)から活動報告や、今後の活動方針、力強い目標が述べられました。

 その後、昨年度後期、今年度前期に新設された同好会の紹介では、どの団体も初々しくも今後の飛躍を確信させるものでした。
 最後に、学友会サッカー部顧問の長谷川泰隆教授より、来年度には麗澤大学の学生から、オリンピック候補生が誕生する事を期待している、それくらいの気持ちを持って各団体とも熱心な活動を続けて欲しい、と挨拶を頂き、中締めとなりました。

【実績報告団体・詳細】
①  きものお作法の会 代表――野口麻希さん(4年英語コミュニケーション専攻)
関東大会優勝報告
②  Reitaku Task Force 代表――比嘉優也さん(4年経済学科)
小冊子「incentive」の作成報告
③  Refree 代表――齋藤一輝さん(3年国際交流・国際協力専攻)
東日本大震災へのボランティア活動報告

中山理学長からの挨拶

歓談風景

                        

吉原啓氏からのコーチ・監督代表挨拶

長谷川泰隆教授の中締め