高校生がインターンシップを体験
2011.7.28

千葉県立小金高等学校1学年の生徒2名が7月21日(木)と22日(金)の2日間、国際交流センターでインターンシップを体験しました。別科日本語研修課程の資料や日本留学フェア(タイ)の準備、I-Loungeでのゲストレクチャー参加や外国人留学生へのインタビューなどを行いました。

 小金高等学校はキャリア教育の一貫として、職業体験を通して職業観・勤労観を育成すること、その職業に就くにあたり必要な知識・資格を知ることにより、進路に対しての意識を高めることを目的として、1学年生徒の希望者に対してインターンシップを実施しています。小金高等学校からのインターンシップ生の本学の受入れは、平成19年より今年で5回目です。

本日の業務連絡です。

I-Loungeに入ったら、英語のみですよ。

ゲストレクチャーに参加。英語のみで緊張しました。