外国語学部2011年度2学期留学開始
2011.9.15
  
セイラム州立大学留学出発(8月21日)

2011年度2学期、世界各地の提携先大学で長期留学(半年・1年)プログラムが始まりました。8月2日の天津財経夏期短期研修、5日のドイツ・バウハウス、イギリス・リーズ大学サマーコースへの出発を皮切りに、短期語学研修や海外実習を含めると延べ127名の学生が世界各地に旅立ちました。今学期、外国語学部からの長期留学者(半年~1年)は以下の通り38名です。


◆英語学習プログラム留学:18名
(アメリカ12名、ドイツ5名[英独プログラム]、台湾[クロス留学]1名)
◆ドイツ語学習プログラム留学:17名
◆中国語学習プログラム留学:3名

 また夏期の短期研修はオーストラリアQIBA語学研修のほか、ドイツ・バウハウスサマースクール、イギリス・リーズ大学サマーコース、アメリカ国立公園インターンシップ、CIEE主催の国際ボランティア・プロジェクト、エコボランティア&ホームステイ・プログラム、韓国・日本語教育実習、タイ・スタディーツアーなどバラエティーに富んだプログラムがあり、多くの学生が参加し、それぞれの夏休みを海外で過ごしました。 さらに今年は新しいプログラムとして、天津財経夏期短期研修、中東(イスラエル)夏季研修、タイ・プーケット夏期短期研修が行われ、これらは麗澤大学独自の幅広い短期海外体験型プログラムとして、今後も学生の異文化体験に大きく貢献してくれることと期待しています。

 震災後の非常に厳しい日本の経済不安、就職状況の中で、今まで内向き志向で減少していた留学希望者が、上向きに回復する傾向があるようです。企業側も即戦力となる語学力はもちろん、グローバル社会に対応できる能力のある学生を求めています。外国語学部では、1人でも多くの留学希望がかなうよう、今までの留学奨学金に加え、今年度から英語圏授業料補助金支給という、新たな奨学金制度を設けました。 また短期海外研修にも奨学金を新設し、ほとんどの学生が何らかの奨学金の支給を受けて留学、研修に出発しています。
 国際的教養人の育成を目指す本学で、留学は学生達の貴重な体験となり、人格形成に大きく貢献しています。留学中の試練や出会いはそれぞれの人生の大きな糧となるでしょう。留学先での様子は随時留学生現地レポートに掲載されます。また帰国後の留学を振り返る体験記も随時更新していますので、ぜひ留学を考えている学生は参考にしてください。

 この夏送りだした学生が、半年後、一年後にはどれだけ成長して帰国報告をしてくれるか、大いに楽しみです。

セントマーチンズ大学留学出発(8月24日)

ドイツ留学第2陣出発その2(9月3日)

ドイツ留学第1陣出発(8月31日)

ドイツ留学第3陣出発(見送りの学生と共に)(9月10日)

ドイツ留学第2陣出発その1(9月3日)

台湾留学出発(見送りの学生と共に)(8月31日)

タイ・プーケット研修出発(8月18日)

天津財経大学夏期短期研修出発(8月2日)