留学生バス一日旅行
2011.10.26

毎年恒例の国際交流センター主催の「留学生バス一日旅行」が行われました。日帰り旅行でしたが参加した留学生、サポートのセンター職員、RIFA(麗澤国際交流親睦会)の学生たちは、日本の自然、文化を満喫した一日でした。RIFAのメンバーで外国語学科国際交流・国際協力専攻3年、伊藤宥果さんのリポートです。

     *    *    *     *     *

 10月22日土曜日に「留学生バス一日旅行」が行われ、今回旅行のサポートとしてRIFAから四人が参加させていただきました。今回の旅行先は、まず葛西臨海水族園へ行き、その後焼き肉食べ放題、そして最後に浅草へ行くという日程でした。当日の朝はあいにくの雨模様でしたが、留学生たちは雨にも負けないくらいの元気で出発しました。最初に行った葛西臨海水族園では、マグロやペンギン、初めて見るような海の生物に留学生たちは興奮しながら楽しそうに見学していました。焼き肉食べ放題では、各テーブルごとにおしゃべりをしながら、おいしいご飯をいただきました。焼き肉を食べ終わったころには、雨も止み、晴天のなか浅草の仲見世を見てまわりました。仲見世にある珍しい売り物や食べ物に目をとめ、お寺独特の雰囲気を感じることができたと思います。

今回の旅行では全員がしっかり時間通りに行動することができ、最後まで笑顔でバス旅行ができました。留学生の楽しそうな顔を見ることができて本当によかったです。これからもRIFAとして留学生のサポートをしていけたらいいなと思います。

葛西臨海水族園で

葛西臨海水族園で2

浅草浅草寺本堂前

浅草浅草寺で