平成23年度 麗澤大学経済学会 懸賞論文優秀作品審査報告
2012.2.14

平成23年度麗澤大学経済学会懸賞論文表彰式が2月9日、校舎かえでの第2会議室で行われました。
応募作品は28編(学部生27、卒業生1)。審査の結果、最優秀賞に1編、優秀賞に1編、奨励賞に2編が選ばれました。髙巌会長(経済学部長)は「厳選の結果、4編の論文が受賞の対象となりました。この成果を学びの種として、後輩諸君に継承してほしいものです」と講評し、学生たちを激励しました。

論文の応募は①理論計量分野、②経済政策分野、③ファイナンス分野、④公共政策分野、⑤環境関連分野、⑥戦略マーケティング分野、⑦組織人事分野、⑧会計・税務・金融分野、⑨経営情報分野、⑩企業法務分野、⑪国際社会・基礎学際分野、⑫その他の12の分野に対して応募を募り、審査は各分野の専門教員があたりました。

受賞者は下記のとおりです。

平成23年度 麗澤大学経済学会懸賞論文表彰論文一覧

【応募総数37編(学部生:36編、卒業生:1編) 最優秀賞1編、優秀賞1編、奨励賞2編】

最優秀賞

No. 氏名 所属学科 所属ゼミ 区分 タイトル
山川 結花 経営 中野 千秋 ベトナムにおけるソーシャル・ビジネスの提案
~児童労働問題の解決に向けて~

優秀賞

No. 氏名 所属学科 所属ゼミ 区分 タイトル
柴崎 司 経済 上村  昌司 エネルギー業界の資本コスト

奨励賞

No. 氏名 所属学科 所属ゼミ 区分 タイトル
小林 美樹 経営 籠 義樹 ライフスタイルがCO2排出権に与える
影響に関する研究
武内 瑛紀 経済 中島 真志 Capital for Business Continuity of Small and Medium Enterprises

※順不同、審査区分順