経済学部・中島ゼミが卒業論文発表会を開催
2012.2.17

4年生全員揃って

2月14日、「中島ゼミ卒業論文発表会」が行われました。「日銀グランプリ」(日本銀行が主催する学生の小論文・プレゼンコンテスト)において、最優秀賞を獲得したチームが発表者に含まれていることもあり、3・4年のゼミ生に加え、外国語学部の先生、来年度からの中島ゼミに内定している2年生など、多くの参加を得て、活発な発表会となりました。  

発表会では中島ゼミのテーマである「金融」について、12名の4年生が様々な視点から発表を行いました。それぞれがテーマとして選んだ「インパクト・インベストメント」、「企業継続ファンド」、「ESG投資」、「アセット・ベースト・レンディング」、「シンジケートローン」、「インターネット銀行」、「日本版401k」、「知的財産権ファイナンス」、「サブプライムローン問題」、「国際会計基準」、「公的年金の見直し問題」、「商品先物市場」など、比較的新しくかつ専門的な分野について発表がなされました。それぞれのテーマについて、事実関係の調査・分析をしっかり行ったうえで、各テーマの抱える課題や問題点を指摘し、それに対する解決策についても説得力のある提案がなされました。また、2年間、みっちり鍛えられたプレゼンテーションはさすがと思わせるものがありました。

この発表会では、例年、3年ゼミ生が司会進行など全体の運営を担当するほか、各発表に対するコメンテータを務めており、事前に先輩方の卒業論文を熟読して発表会に臨んでいます。このため質疑応答では、内容について突っ込んだ質問が寄せられ、それに対し、発表者からは1年間の蓄積を基に的確な回答がなされていたと思います。

4年生が卒業し、これからは私たちがゼミの最上級生となります。後輩と協力し、より素晴らしいゼミを作り上げていきたいと思います。最後になりましたが発表会にお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。そして4年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。先輩方には、ゼミ合宿、麗陵祭など、多くの場面で大変お世話になりました。1年後に、先輩方のような充実した卒論発表ができるように、これから頑張って卒論に取り組んでいきたいと考えています。

(報告:経済学部経済学科3年 中島ゼミ幹事 井口卓也)

堂々としたプレゼンテーション

後輩からの鋭い質問

会場の様子

中島教授による総評