「光ヶ丘 Music Festival」を開催!
2012.5.2

平成24年4月30日(月・振)に、光ヶ丘商店会と麗澤大学との地域交流協定にもとづき、今年度初となる地域連携イベント「光ヶ丘 Music Festival」が開催されました。

当日は天候にも恵まれ、近隣より800名を超える多くの人数が来場し、明るい交流の場となりました。

会場は、3月31日にオープンしたばかりの Reitaku Student Plaza ”はなみずき” を使用しました。

千葉県のマスコットキャラクター・チーバくんによるドラム演奏によって、オープニングがスタート。続いて本学ボランティアサークルであるRefreeの学生による、ピカ☆っと子ども天国では、イントロクイズを行い、会場の観客を巻き込み大変盛り上がりました。

会場周辺では物産展も設置され、柏市の農家の皆さんによる野菜の直売も行われ、新鮮で美味しい野菜を買おうと、大勢の方で賑わいました。また光ヶ丘商店会からは、子供用品や婦人服などが手ごろな価格で販売されたり、子ども向けに綿菓子が提供されるなど、長い列ができていました。

つづいて、「柏レイソルダンサーズ」は、小・中学生による華麗なダンスを披露。日頃の練習の成果を発揮し、見事なチームワークに観客の皆さんが魅了されていました。

次に登場したのは「ひまわり太鼓の会」です。柏みどり幼稚園の保護者の会で構成された団体ですが、迫力のある太鼓や獅子舞などが披露され、大変力強いパフォーマンスでした。


午後一番は、「酒井根中学校吹奏楽部」の演奏です。酒井根中は、全国吹奏楽コンクールに何度も出場し、6度の金賞を受賞しています。ディズニーランド、AKB48、カーペンターズなど子どもから大人まで幅広く楽しむことができる曲目が演奏されました。

つづいて、「琉球ダイナミックス」と「YOSAKOI」の演奏です。琉球踊りを披露し、明るく独特なパフォーマンスで、観客を魅了していました。


最後は、再び学生ボランティアサークルRefreeによる「ピカ☆っと子ども天国」です。観客全員で「あたま・かた・ひざ・ぽん」を各国の言葉でクイズ形式で披露したり、司会者と一緒になってマルモリダンスを踊り、多くの子どもたちと一緒にフィナーレを飾りました。

この「光ヶ丘Music Festival」は今後も定期的に開催を企画しており、次回は今年の夏ごろが計画されています。今からその時が待ち遠しくなるイベントとなりました。