2012年度 現代中国研究ー中国の「都市化」に関する分析と提言

中国は、現在、国内の消費の拡大、国民の所得格差是正、都市と農村の民生の平等化などを図るため、又、エネルギー問題、CO₂削減達成のため、スマートグリット・スマートシティ構想を推進している。一方、こういった方向の中で、背景の異なる各地の都市がどうモデルチェンジするか、農村の都市化のコンセプトはどうあるべきか新都市のゼロからの建設はどうあるべきか、様々な模索が始まっている。その中で住民の参加意欲も高まっている。本研究は、以上のような点に考察を加えつつ、あるべき姿を探索することを目的とする。

◎三潴 正道 外国語学部・教授
 陳 玉雄  経済学部・助教
       経済社会総合センター・客員研究員
 汪 義翔  東京理科大学・専任講師
       外国語学部・非常勤講師
 金子 伸一 外国語学部・非常勤講師