「光ヶ丘 命と環境シンポジウム」を開催
2012.6.20

平成24年6月17日(日)に、協同組合光ヶ丘商店会との地域連携事業として、「光ヶ丘 命と環境シンポジウム」が Reitaku Student Plaza "はなみずき" にて開催されました。

このシンポジウムは、光ヶ丘商店会と麗澤大学に、NPO法人アグリズムが新たに参画し、当法人の理事長である 海藤 純氏によって企画運営が行われました。

開会時には、あいにく小雨がぱらつく状況でしたが、大学生をはじめ、女性を中心に幅広い世代の方々約70名が来場され、終始和やかなムードで進みました。

海藤 純 氏による講話では、旬の野菜を通して効率良く栄養を摂取するための調理方法、苦味が出にくいピーマンの切り方、上手な野菜の洗い方など、主婦にとってすぐに実践できる身近な方法が紹介されました。また、塩麹を使った料理なども紹介され、その効果について詳しく述べられました。その他、柏市の農家の放射線量の測定作業にも実地参加されている経験から、その内容などを詳しく話されました。


そしてもう一人の講演者、現役助産師である藤田由美氏からは、ご自身が自宅分娩をされた貴重な体験が紹介されました。家族へ理解を得るまでの経緯や、当日に至るまでの準備など、細かな様子をスライドを使って紹介され、母乳で育てることの大切さ、出産と育児の重要性について、実体験をもとにして、非常に和やかなお話をされました。


お二人の講演の後は、参加者との対話形式になり、活発な質問がなされるなど、女性ならではの明るい雰囲気に包まれました。中には妊娠をされている女性もおられ、分娩について非常に勉強になったとの感想を述べられていました。

会場には海藤氏らが準備した野菜や手作り品等が販売され、ほとんどが売り切れる盛況ぶりでした。

今回参加された方々からは、「よい講演会でした」「またこういった講演会がありますか」といった感想もあり、好評のうちに幕を閉じました。