第2回 「光ヶ丘 Music Festival」が開催
2012.9.5

平成24年8月25日(土)、協同組合光ヶ丘商店会と本学との地域連携事業として、第2回「光ヶ丘 Music Festival」が Reitaku Student Plaza "はなみずき" において11時より開催されました。
当日はかなりの猛暑となりましたが、参加された皆さんは熱心に出演者のパフォーマンスを楽しみました。

まずは、チアダンス世界大会において見事世界一に輝いたダンスチーム「ゴールデンホークス」が素晴らしいダンスを披露しました。ゴールデンホークスはこの後すぐに大会に出場するため、15分のみの演技でしたが、小学生から中学生までのダンスチームの軽快かつ機敏な演技に、参加者も圧倒されていました。続いて30代から70代の幅広い年齢層で構成されている「柏おやじダンサーズ」は、熱心で愉快なダンスを披露しました。また参加者を巻き込んでジャンケン大会などを行い、子ども達も楽しませていました。

続いて「ワイルドハスキー」「NINE STATES」は、素晴らしい歌声で来場者を魅了し、「ひまわり太鼓の会」と麗澤大学学生ボランティアサークルRefreeによる「Refree太鼓隊」は、太鼓の音を響かせて、周囲を盛り上げました。続いて「Team Hiroshi」と「沼南ウィンドアンサンブル」による合同のオーケストラ演奏となり、最後は麗澤中学・高等学校吹奏楽部による総勢85名の迫力ある大合奏でフィナーレとなり、非常に賑わいました。

暑い日差しの下で、第1回目に比べて観客は少なかったものの、来場者からも「また開催してほしい」といった次回の開催を待ち望む喜びの声も多く、全体的にはとてもよい雰囲気でした。

次回は12月23日(日・祝)にクリスマスヴァージョンとして開催の予定です。またのご来場を心よりお待ちしています。

なお、今回の企画・運営に携わった学生からのレポートを以下に紹介します。

--------------------------------------------------

平成24年8月25日、光ヶ丘商店会、麗澤大学、Refreeの連携のもと、2回目となる[光ヶ丘 Music Festival」が開催されました。当日は天候にも恵まれ、とても暑い一日となりました。暑い中ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

出演してくださった方々は素晴らしい演奏やダンスを披露してくださいました。そして、来場してくださった方々も一緒に手拍子などで盛り上げてくださいました。皆様の楽しんでいる様子が伝わり、とても雰囲気の良いイベントだったと感じうれしく思います。

こうして来場してくださる皆さんが一層増えて、地域に根付いたイベントとなれるよう、たくさんの話し合いをしながら私たちに出来ることを精一杯やっていきたいと思いました。

今回初めて1年生の私たちが担当にすることになり、初めてのことばかりでたくさん悩みました。不安もありました。しかしそんな時、周りには協力し、支えてくださる方々がたくさんいました。そういった方々のおかげでなんとか今回のミュージックフェスティバルをやり遂げることができ、大いなる達成感を得ることができました。

しかし、もっとできることがあったのではないか、との思いもあり、正直をいうと悔しさも残りました。この悔しい思いをバネにして、私たちは全力で次回のミュージックフェスティバルを盛り上げていきたいと思っております。麗澤大学の関係者の皆様、そして光ヶ丘地域の皆様、今後ともよろしくお願いします。
次回、12月のミュージックフェスティバルを楽しみにしていてください。

(麗澤大学 ドイツ語ドイツ文化専攻1年 有賀知美 経営学科1年 山上和貴)