国枝慎吾選手が3回目の柏市民特別功労賞
2012.9.19

柏駅前二番街入口に掲げられた横断幕

笑顔で帰国報告会が始まりました

パラリンピック・ロンドン大会の車いすテニス男子シングルスで、史上初の2連覇を達成した国枝慎吾選手の帰国報告会が、9月18日(火)18時からJR柏駅東口ダブルデッキ特設会場で行わました。これは、今回の快挙を市民みんなで祝おうと千葉県柏市が企画したものです。

決勝戦を振り返って語る国枝選手

秋山市長より市民特別功労賞の授与

国枝選手とダブルスでペアを組み、ベスト8に進出した斎田悟司選手やシングルス代表として戦った三木拓也選手、そして丸山弘道コーチ、安見拓也トレーナーも出席。会場には通勤、通学途中の人や家族連れなど多くの市民が集まり、エールを送っていました。 

笑顔で金メダルを披露

丸山コーチと大会を振り返る

柏市は、国枝選手にアテネ大会、北京大会に続き3回目となる市民特別功労賞を、国枝選手を育てた日本代表選手団の丸山コーチ、安見トレーナーに市長特別賞を授与。会場で、秋山浩保市長から記念のトロフィー等が渡されました。

国枝選手は「2月に右肘の手術をし、今回の大会は厳しい状態の中での金メダルでしたので大変嬉しい。また、本日は多くの方々に祝福していただき、金を取った時と同じくらい感激しています」と、歓びを伝えました。