千葉県立柏の葉高等学校の教員研修会で中山学長が講演
2012.10.24


 平成24年10月23日(火)、中山学長が千葉県立柏の葉高等学校(佐々木寿春校長)の教員研修会で道徳教育に関する講演を行いました。これは、来年度から千葉県の高校において道徳が必修化されることに伴い、どのような授業を展開すればいいのか、という学校現場からの要請に基づき、出前の講演を実施することにしたものです。

 当日は、中間考査の中日で、生徒のいない午後の時間を利用して開催され、約40名の先生たちが熱心に聴講されました。
   
  
 中山学長は、道徳は単なるしつけではなく「他者との関係性」として捉える必要があり、高校での道徳は高校生としての関係性のあり方を考えさせるものである、と切りだし、本学で学生と共に作った道徳教科書を例にあげ、学生も興味を持てば道徳の学習にも熱心に取り組むことや、卒業生の道徳的行為を取り上げて道徳教育の成果を示し、どのような教育が必要であるかということについて話を進めました。そして、道徳教育にとって最も重要なのは、教材や教育法よりも、教師自らの姿勢、考え方であると結論づけて講演を終了しました。

 最後に、佐々木校長から、高校の教員も広く社会に目を向け、持続可能な社会づくりに貢献する必要性を感じたということや、道徳教育を自分自身の問題として捉えることの必要性を認識した、という所感を含めて講演に対するお礼が述べられ、中山学長に対する大きな拍手に包まれて研修会は終了しました。