経済学部の学生が小学校の情報化をお手伝い
2012.11.27

左から:陳さん、藤城さん、西田校長

  経済学科4年の藤城江美子さん(大塚ゼミ)と大学院経済研究科の研究生、陳泓旭さんが自分たちが製作した特殊なネットワークケーブルを柏市立中原小学校(西田光昭校長)にプレゼントしました。製作した特殊ケーブルは1本のネットワークケーブルで2系統のネットワークを同時に利用することができるもので、すでに配線されているケーブルを利用して小学校のLANを増設するためのものです。

先輩が残した資料を参考に特殊ケーブルを製作

完成した特殊ケーブルのセット

  11月20日(火)に中原小学校の校長室等で接続作業を行いました。校長室までのLAN配線を特殊ケーブルを利用して2系統にすることで、パソコン教室の環境を校長室でも実現することが可能となったそうです。

  ケーブル製作を担当した藤城江美子さんは、「今年の春に取得したネットワーク接続技術者の資格も役に立ちました。それに、ゼミの先輩達が残してくれた資料があったので簡単に取り組むことができました。私たちが作ったものを使って頂ける機会があればまた取り組みたい」と話していました。

中学校の廊下にある配線ボックスに取り付け

校長室側での作業の様子