フラッグ・アメリカンフットボールサークルが流山市立江戸川台小学校を訪問
2013.2.28

学生サークル「アメフト・フラッグフットボール」のメンバーが前回(柏市立第二小学校を訪問)に続いて、流山市立江戸川台小学校を訪問しました。以下はメンバーによる報告です。

 ----------------------------------------------------------------------------------   

今年度第3回目の小学校訪問(2月26日)は、オービックシーガルズのコーチや選手の皆さんと一緒に流山市立江戸川台小学校を訪問しました。
今回の訪問では、全3クラス約100名の6年生の授業に参加しました。普段の体育の授業でフラッグフットボールを経験しているとのことでしたので、しっぽ取りゲームと3対2の勝負を行った後は6対5の勝負を行い、その後に試合形式のミニゲームを行いました。
これまでの訪問との最大の違いは、1グループの指導を私たちのサークルに任せていただいたことです。シーガルズの皆さんの指導方法を見習って子供たちに上手く指示をだせるよう工夫したのですが、やはりまだまだ指導は難しいと感じました。しかし、真剣に取り組み楽しんでいる小学生の皆さんの姿や、授業の後に「有難うございました」という言葉をかけられ勇気づけられました。
私たちのサークルの小学校訪問は、地域貢献・地域交流の一環として「フラッグフットボール」を通して小学生にコミュニケーションの大切さやアメリカンフットボールの面白さを体験してもらうという目的で行っています。以前から小学校訪問を行っているオービックシーガルズの皆さんに同行させていただくことで多くのことを学ばせていただいています。今後も地域交流活動やイベントへの参加を積極的に行い、各個人やサークル全体の成長に繋げていきたいと考えています。

最後になりましたが、このような貴重な機会を与えていただいたオービックシーガルズの皆さんに心よりお礼申し上げます。今回の小学校訪問にご参加いただいた流山市立江戸川台小学校の皆さん、どうも有難うございました!

嬉しいお迎えをして頂きました!

いよいよスタートします!

活動風景①

活動風景②