光ヶ丘に最高の音楽ショーが開催!
2013.5.1

4月28日(日)に、通算4回目となる「光ヶ丘ミュージック・フェスティバル」が、Reitaku Student Plaza ”はなみずき”にて開催されました。演奏していただいたのは、麗澤大学近隣の小・中学校の吹奏楽部。どの学校も全国トップレベルの演奏で、その素晴らしい演奏を聞きに、はなみずきの敷地内には入れないほどの来場者で賑わいました。

最初に演奏していただいたのは「柏市立光ヶ丘小学校」吹奏楽部です。2012年度に「日本管楽合奏コンテスト最優秀賞」受賞、「東関東アンサンブルコンテスト」木管8重奏・金管6重奏部門にて金賞を受賞されました。普段の活動では”すぐ返事、すぐ挨拶、すぐ行動を心がけ、毎日明るく元気に活動しています”と紹介されました。

光ヶ丘小学校吹奏楽部の演奏

大勢の来場者の前でダイナミックな演奏を披露



続いて、「柏市立酒井根西小学校」吹奏楽部の演奏です。「日本管楽合奏コンテスト最優秀グランプリ 文部科学大臣賞」2年連続受賞、「東日本吹奏楽大会」2年連続金賞受賞という華々しい成績をおさめられています。生徒指導の特色としては、”自分で考えて、行動できることを常にめざしています。また、挨拶や感謝の心なくして良い演奏はあり得ない、ということを意識しています”と紹介されました。

酒井根西小学校5・6年生 38名の演奏

素晴らしい合唱も披露されました


最後は、「柏市立酒井根中学校」吹奏楽部の演奏です。同校は昨年4月に開催された第1回ミュージック・フェスティバルに引き続き、2回目の出場をされました。同校吹奏楽部の成績は、「全日本吹奏楽コンクール」9大会連続出場、昨年まで6大会連続、7回の金賞受賞。また「日本管楽合奏コンテスト」文部科学大臣賞3回、最優秀グランプリ賞3大会連続6回受賞しています。

「やってできないことはない、できるまで努力しよう」「楽器と時間と仲間を大切にしよう」を合言葉に、「人に感動を与える音楽」をめざし、日々活動してるとのことです。

酒井根中学校のダイナミックな演奏

ダンスパフォーマンスもあり見ていても楽しめます

当日は、上記3校の吹奏楽部演奏の他に、Refreeによるパフォーマンスや、老人会コーラス部である「光老会」によるコーラスも披露されました。

このイベントは、ボランティアサークルRefreeが運営しています。光ヶ丘地域近隣にお住まいの方を対象に、音の祭典を通じて、地域・商店会・大学の交流の輪を拡げることを目的に開催するものです。本学では、学生がこうした社会活動を通して自分自身の成長に繋げるともに、音楽を通じて地域に賑わいをもたらし、明るく安全な地域づくりをめざしています。