セント・マーチンズ大学(アメリカ)訪日団が来訪
2013.5.28

 

5月23日(木)から24日(金)にかけて、アメリカのワシントン州にある提携校 セント・マーチンズ大学から学生訪日団として学生5名と引率の教職員2名、合計7名が麗澤大学を訪れました。

セント・マーチンズ大学の皆さん5月23日に本学に到着。訪日団メンバーの中には、留学中にお世話なった学生もいて、駆けつけた留学経験者と再会を喜ぶ姿が印象的でした。

 

 

I-Loungre で交流会

 

その後、キャンパス見学とI-Lounge にて学生交流会が行われ、交流会ではコーディネーターのケビンのリードで、留学経験のある学生も、英語にちょっぴり自信のない学生も、和気あいあいと盛り上がりました。
夜には歓迎懇親会が開催。ストラック・アンドリュー准教授(外国語学部)が司会を務め、これから同大学に留学予定の学生や卒業生も集まり、美味しい食事を囲みました。

 

 

コーディネータ(麗澤大学)の皆さん

セント・マーチンズ学生の皆さん


翌日は本学学生のアテンドで東京見学。訪日団は精力的に都内を巡り、同行した学生達と目一杯楽しみました。

セント・マーチンズ大学と本学の交流は1988年から25年にわたります。この温かい交流に感謝するとともに、ますます今後の関係が発展することを強く望みます。