ポートランド州立大学(アメリカ)の先生が特別講義
2013.5.31

左から山下 准教授、クレス先生、中野 教授

5月27日~30日、アメリカ・オレゴン州のポートランド州立大学からChristine Cress先生が日本国内におけるサービスラーニングの研究で来日され、本学にも特別講義でご訪問されました。

「サービス・ラーニング」とは、学生が単に地域のボランティア活動に携わるだけではなく、意図的な学術的目標を持ち、学術的修養に繋がる振り返りを伴うものです。

学生は実社会のニーズに答えるために自らの専門性を活かし地域にサービスを提供します。そして、その経験を学術的な講義内容と併せて振り返ります。まさに理論と実践が結びついた教育内容です。

今回は経済学部の3クラスと外国語学部の1クラスでご講義いただき、英語による授業に学生たちは大きな刺激となったようです。

「北米社会論A」(担当:堀内教授)

クレス先生の講義


クレス先生は山下美樹 准教授(経済学部)の大学院時代の恩師。5月29日には昼食会が催され、山下美樹 准教授(経済学部)と中野千秋 教授(経済学部)が同席。
その後、クレス先生は中野教授のご案内で廣池千九郎記念館を見学され、山下先生の「ビジネスコミュニケーション論」の授業でサービス・ラーニングの講義をされました。

廣池千九郎記念館を見学

「ビジネスコミュニケーション論」(担当:山下准教授)にて


ポートランド州立大学との交流は今後ますます進んでいきます。