『国際フェスタCHIBA』で学生団体がプレゼンテーションを実施
2013.6.4


5月19日に開催された2013年度国際フェスタCHIBAに、国際交流・国際協力専攻の1、2年生を中心としたグローバルフェスタ委員会が参加。以下、代表の国際交流・国際協力専攻2年 藤田 麻奈美さん(茨城県立日立北高校出身)からの報告です。

***

「世界のグローバル化に伴い麗澤大学における国際化教育」をテーマにプレゼンテーションを行いました。タイ・ラオスへのスタディツアー、国際ボランティアサークル、75年の歴史を持つ英語劇グループなど課外活動を通して在学生がどのような体験をしているか、また、校舎「あすなろ」の多言語コミュニケーション・スペース“I-Lounge”や、海外からの留学生と日本人学生が寮生活を通して交流できるよう配慮された"Global Dormitory"といった学内の施設紹介を、多くの来場がありました。

プレゼンテーションに来場者も真剣

麗澤は国際交流、国際協力を学びたい人にとって、たくさんの機会と場所があることを知ってもらいたくて準備を進めてきました。アメリカ人の方が英語劇の活動に大変関心を示してくださり、身振り手振りを交えながら一生懸命英語で説明をしました。英語で伝えることの難しさと楽しさを同時に感じ、今回参加することができて本当に良かったと思います。その他にも、麗澤を知らなかったという来場者から「どこにあるのですか?」「最寄駅はどこですか?」といった質問もあり、母校のPRに少し貢献できたのではないかと思っています。今回の発表では、伝えたいことは説明できたのですが、反省会では発表者の力量や来場者に楽しんでもらう参加型の工夫が不足していたとの声がありました。秋に開催されるグローバルフェスタに向けて、今後も努力していきたいと思っています。

※学生寮"Global Dormitory"の紹介 プレゼンテーション資料はこちら