IAUP総会での学生セッション説明会に本学学生20名以上が参加
2013.7.26

IAUP(International Association of University Presidents、世界大学総長協会)の総会が2014年に横浜で開催されます。
その会議の中で、世界各国の学生によるセッションが企画されており、このセッションへの参加を募る説明会が本学で開催されました。

さる7月19日(金)、「麗澤グローバルひろば」にて開催されたこの説明会には、このセッションの企画を担当している桜美林大学の学生とコーディネータの先生が来学され、本学の学生20名以上が参加しました。



このセッションに学生が参加するためには、本学も新たに加盟した国連アカデミック・インパクト(United Nations Academic Impact、UNAI)の下に設置されているASPIRE(Action by Students to Promote Innovation and Reform through Education)という学生団体に加入している必要があります。このASPIREは、参加学生の自主性と責任を重視してUNAIの目的を達成する取り組みで、各大学で活動を行うとともに、世界各国の大学のASPIREと連携して学生相互の国際的連携を進めるものです。

現時点での日本のASPIRE加盟校は、桜美林大学と南山大学の2校とのことで、説明会では、このASPIREへの本学学生の加入と、IAUP総会への参加が呼び掛けられました。 

ASPIREの活動への参加は、国連の名の下で、世界中の学生たちと交流することのできる貴重な機会であり、本学の学生の積極的な参加が期待されます。 

※IAUP総会:2014年6月11日(水)~14日(土)、会場:パシフィコ横浜