道徳教育による高大連携 
2013.10.16

道徳科学教育センターでは10月3日(木)、4日(金)に麗澤瑞浪中学・高等学校において『高校生のための道徳教科書』を使った「道徳」の授業実践を行いました。

この授業実践は道徳科学教育センターが平成25年2月に出版した『高校生のための道徳教科書』を実際の授業で使用し、作成の狙いや話題の取り上げ方等について検証し、授業の展開の仕方を確立するために実施したもので、麗澤高等学校では6月から7月にかけて4回実施しました。今回は麗澤瑞浪高等学校のご協力をいただき2日間にわたり道徳特別授業として行ないました。

講師は麗澤大学道徳科学教育センターの江島顕一センター員、宮下和大センター員が務めました。
お二人とも麗澤大学では「道徳科学」の授業を担当しており、『高校生のための道徳教科書』の執筆メンバーでもあります。

詳細は麗澤大学道徳科学教育センターウェブサイトでご覧下さい。

http://cmse.reitaku-u.ac.jp/social_activities/201310101852_2270.html