株式会社 風 代表取締役 大久保恭子 氏が講演
2013.11.11

麗澤オープンカレッジ特別講演会(後援:千葉県教育委員会、柏・流山・松戸・我孫子・野田 各市教育委員会および柏商工会議所)の平成25年度後期第2回目が11月9日に開催され、株式会社 風 代表取締役の大久保 恭子 氏が「女性の仕事術」と題して講演されました。当日は150名の方々が来場し、熱心に聴講されました。落ち着いた和服に身を包まれた大久保氏は、歯切れのよいしっかりした口調で、わかりやすく展開されました。

まず大久保氏は、これまで3回の転職を経験されながら、マンション選びのプロになるまでの様々な人生を送ってこられた経歴を説明されました。ご自身が就職活動を始めた1977年当時を振り返り、「女性が男性と同じように働ける環境ではない時代でしたが、まずは明確な意志を持って会社を選んだ結果、今があります」と述べられ、「学生には真剣に自分がやりたい仕事を意識して目指してほしい。最初の会社選びが大切です」と訴えられました。

また大久保氏は、リクルートにおいて住宅情報誌の編集長に抜擢されましたが、編集長としての仕事だけでは会社全体の経営に携われないため、これ以上は将来がないと悟り、自分を高めるために営業部へ転属されたと説明されました。大久保氏は、「仕事に慣れてくると企画を実施したりできるようになります。しかし、”自分はできる人間だ”と思った瞬間、マンネリ化が始まるものです」と注意を喚起されました。

大久保氏は、新規事業でも数多くの失敗を経験しながら、着実にキャリアを積むことができたと説明されました。また、世の中がIT化・グローバル化を求めてきた時には、勝ち残るために厳しい社会を懸命に生き抜いてこられたとのことでした。しかし、女性が生きる道は、大きな仕事でなくても、ヒューマンスケールの規模で、行列ができる名店をつくることができる”小商い”という手法もあると解説されました。

最後に、働く女性の住まい選びの条件として、10項目を説明され、その上で、「柏市も本当に住みやすい街だと思います」と述べられました。また氏は、「女性が働くには男性の協力がどうしても必要です。住みやすい街を作るために、どうか皆さん、よろしくお願いします」と訴えられ、講演会は盛大な拍手と共に終了しました。