キャンパスで「ダイヤモンド富士」を観測
2013.11.21

 

11月19日の16時25分前後、校舎「かえで」6階フロアーから「ダイヤモンド富士」が観測されました。「ダイヤモンド富士」とは、
年に2回、気象や方角など条件がそろったときにだけ見られる富士山頂部と太陽が重なって見られる現象のこと。
皆既日食のダイヤモンドリングになぞらえて、「ダイヤモンド富士」と呼ばれています。
富士山と光輝く太陽が織りなす自然の芸術に、皆足を止めて見入っていました。(撮影:経済学部 大野正英准教授)