留学生によるベトナムコーヒーの淹れ方講座
2013.12.16

記念写真

11月18日(月)に、学生寮にて、ベトナム留学生による「ベトナムコーヒーの淹れ方講座」を行いました。中国、台湾、タイ、日本から学生が集い、ベトナム留学生から、ベトナムコーヒーの淹れ方を教わり、みんなでコーヒータイムを満喫しました。

説明を熱心に聴く参加者

この企画は、留学生が寮事務室に、「お土産で買ってきたベトナムコーヒーの淹れ方は分かりますか?よかったら教えますよ」「日本人や他の国の方と交流する機会を増やしたいです」という話がきっかけとなり、実施へとつながりました。

ベトナム留学生の流暢な日本語で、実演しながらとても丁寧に教えてくれました。ベトナムコーヒーはステンレスのフィルターを使い、抽出には7.8分を要します。コンデンスミルクを加えて頂くのですが、後で加えるのでなく、あらかじめカップの底が見えなくなるくらい敷き、その上からコーヒーを淹れ、飲む前にスプーンでかき混ぜて頂くのが一般的だそうです。また、ベトナムでは、4~5時くらいに起き、街角でチェスをしながらコーヒーを頂く方もいらっしゃるそうです。

ゆっくりと落ちていくコーヒーを眺めながら、他国の食文化や日本で旅行したい場所などを話し、とても有意義な時間を過ごしました。

フィルターの使い方を説明するベトナム留学生

ドリップに挑戦する日本人学生