ユニット・リーダーセミナーpart1を開催
2014.2.20

セミナーの風景

セミナーの風景

 平成26年2月8日13:30より、校舎「あすなろ」にて「ユニット・リーダーセミナーpart1」を開催しました。当日は20年ぶりの大雪を観測した日でしたが、キャンパス内に寮があるため、交通機関の影響などを受けることはなく、今年度と次年度のユニット・リーダー計49名が集まり、無事にセミナーを実施することができました。

早見議長の開会を宣言し、井出学長補佐より「麗澤教育と寮生活」と題して、講話がありました。このセミナーを通じて、現リーダーは、今まで何をやってきたか、何を得たかを考え、やり残したことがあれば、任期を終える3月末までしっかり行うこと、新リーダーは、どんなリーダーになりたいかイメージを描くようにと、冒頭でお話をされました。そして、今年度のユニット・リーダーが事前に提出した感想文を、新メンバーへのメッセージとして送りました。「私の中でリーダーの定義が変わった。(略)みんなの後ろに立ってサポートしたり、輪の中にみんなが入るようにお手伝いするのもリーダーであると」「ユニット・リーダーは他人のために働く人間ではなく、他人と一緒に成長する人間だと思いました」「自分で考える楽しさを学びました」「直接顔を見て話すことにしていました。その方が、現状が伝わりやすいからです」などと、経験からの学びにあふれていました。新リーダーは、自分のモデルを探し、現リーダーに聞き、さらに自分で考え、必要なことを自分に取り込んでいくようにと、現リーダーは最後まで気を抜かずに務め「有終」を飾ってほしいと激励されました。

つづいて、各棟で集まり一年間の反省を行い、口頭発表を行いました。「新体制になり係が定着せずにスタートしたため課題が多かったのでルールを新しく作ることが大切である」「共有スペースを活用しきれていないので検討したい」「掃除の綺麗さは基準が様々なので、他のユニットを訪問し合い、良い点は活かしていきたい」などの発表がなされました。

次に、Iラウンジに場所を移して休憩後、話し合いによりフロア・リーダーの選出を行い、さらに現リーダーから、次期リーダーへの引き継ぎを行いました。現リーダーは1年間リーダーを務めた自信にあふれ、堂々と経験を語りました。一方、新リーダーは不安な点を話し、現リーダーからアドバイスをもらい、少しずつ表情が柔らかくなっていくのが分かりました。

セミナーの後は、学生寮A棟「多目的ホール」にて、懇親会を行い、昨年度議長の細川祥平さん(外国語学部4年)の乾杯により開宴し、寒さを吹き飛ばすような活気あふれる会になりました。

今回のセミナーは、今年度の議長およびフロア・リーダーが中心になり、企画・運営をしました。主催する立場になることにより、目的を達成するために何をするべきでorか、参加者が満足する内容にするにはどうしたらよいかと現リーダーと次期リーダーのことを思いながら、試行錯誤し作り上げたことは、彼らの大きな成長につながったと思います。

井出学長補佐による講話

井出学長補佐による講話

グループワーク

グループワーク

グループワーク2

グループワーク2

1年間の振り返りを発表するリーダー

1年間の振り返りを発表するリーダー

ラウンジにてブレイクタイム

ラウンジにてブレイクタイム

和気藹々とした懇親会

和気藹々とした懇親会