「第2回ユニット・リーダー会議」を開催
2014.5.30

会議の様子

会議の様子

 第2回ユニット・リーダー会議を、5月10日(木)夕方6時半から学生寮A棟1階多目的ホールで開催しました。

今回の会議より、会場のレイアウトから、進行方法、内容が一新され、新しい会議スタイルでのスタートとなりました。

これは、4月の会議にて、「会議の終了時間を定め、短縮できないか」というユニット・リーダーの声が上がり、この1ヶ月間、議長とフロア・リーダーが中心になり、打ち合わせを重ね、会議の見直しを図ってきました。「これまでは教職員による講話や連絡事項、各フロアより報告が中心であったが、議論の場にするにはどうしたらよいか」「約3時間に及ぶ会議の時間を短縮し、質の高い話し合いをするにはどうしたらよいか」と、会議そのものの見直しをしました。そして、フロア・リーダー会より教職員に対し、新しいスタイルの会議案が「企画書」として提出されました。これを受けて教職員は、フロア・リーダー会の意見を尊重し、彼らが考えた企画に任せました。こうして、当日の会議を迎えました。

当日は、飯塚女子議長が進行を務め、中村男子議長の挨拶から始まりました。先輩方からは、リーダーとしての在り方や考え方、姿勢などを多く学ばせていただいたこと、昨年度新体制で寮がスタートし、先輩方が築いてくださった寮体制の基礎の上に、骨組みや外装をほどこし、内装を整備していきたいと、今年度の抱負を述べました。

そして、協議事項として、寮内で起こっている問題や、利用者増により多目的ホールの使用ルールの見直し等について、議論しました。ユニット・リーダーが寮全体で今、起こっている様々な問題について、現状を把握したうえで、皆で議論をしました。結局、解決策を導くまでには至りませんでしたが、結論がでなかった問題については、フロア・リーダー会議を経て、来月の会議に持ち越されることとなりました。

続いて、報告事項として、寮事務室より連絡につづき、各月のイベント班が企画書をもとに、スポーツ大会やBBQの企画について報告されました。

今回の会議では、寮内の問題や課題を見つけ、解決すべく議論をし、寮生全員がより快適に生活ができるようにルールを定めることができました。学生寮の生活信条としての「自治」に向けて、一歩、前へと進めたのではないかと、実感をしました。今後の寮運営に、期待しています。

挨拶する男子議長

挨拶する男子議長

席の場所や、出欠が一目で確認できるよう、席札を作成しました

席の場所や、出欠が一目で確認できるよう、席札を作成しました